たまの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 久し振りに援軍有りの攻めですよー!

<<   作成日時 : 2005/10/11 16:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
10月9日(日)
連休まんなかの日。父親が酔っ払いながら「村上阪神タイガース阻止!」を叫んでおります。株はドしろうとなので社説読んでも良く分からないのですけど、そう簡単に買収出来るもんなんですか?買収先企業の利益は考慮しないファンド目的の買収。それで名前が変るなんて、阪神ファンではない私でも嫌だなぁ・・・。

第7陣も足利家側の数が多く、ゴールデンで1.5倍〜2倍近くの人数がいます。夜中は寝てるので分かりませんが、味方一桁、残り全部足利・伊賀ということもあるとか。逆に平日の朝〜昼はこちらが多いようです。前回萎え萎えだった合戦も、押されると俄然燃えてくる。われながら現金なものであります。
ゴールデンはひっきりなしに方々の陣を攻められるわけですが、監視PCがまんべんなく配置についていたせいか、数回は撃退出来ていました。さすがに3徒党とかで突っ込まれると取り付かれてしまいますけどね。苦戦時こそつかめる何かがあるはず。思い出すのよ、坂井平野で朝倉・足利連合120人に本願寺が10人強しか居なかった時の事を!・・・まあ、あれは飛龍導入直後でしたから、敵さんは後陣武将は狩らず目録目当てにN狩ってただけでした。中備えまで落とされてしまえば、たまに深入りして来るN狩り徒党に仕置きがメイン。人数差10倍とはいえ気持ちの上では楽だったかも・・・。

先日の日記にある囮やソロ・少数徒党に叩かれ救援まげっつをしているうちに、武将徒党に取り付かれるケースは雑賀でも良くあります。マゲ欲しい人もいるでしょうから何とも言えないのですが、防衛力が低下する場所での救援まげっつや囮さんのマゲむしりは、私は余り好きではありません。
第7陣序盤、一気に先陣3つを奪われ中中でにらみ合いになってた頃のこと。私は中中の陣内におりました。神主という事もあってか、ソロ武芸侍に叩かれ。門には7人徒党といくつかの少数徒党が待機しておりました。逆にこちらの防衛PCは5、6人くらいだったでしょうか。叩いて来た方は恐らく私が救援を出すと見込んで叩いたのだと思います。私はソロ時、付与石作成装備でうろついています。「負け犬サンドバック装備」と名付けてますが(/ω\)。熊王以外の強壮丹は常時服用してますけど、器用と魅力だけ付与した水干&銅の額当では、さすがに救援呼べません。否、私はソロ防衛時に叩かれても救援は基本的に出しません。相手をイライラさせるべく粘るか、さっさと逃亡、あるいは降参してマラソンするかはその時の状況によりけりです。宇治・田倉崎の場合、守る場所によっては降参・死亡から1分以内に元の場所に戻ってこられますから。「まげっつライン」をうろついてる時など、叩かれた瞬間に赤いバーがいくつも見える事がしょっちゅうありますねぇ。こういうときは潔く諦めますw叩いて直ぐ救援呼ぶ人、膠着状態を打破出来ないで逃げていく人、いろいろいて叩かれるのも楽しい物です。
逆に、判断誤ったな、と思ったケースも今回ありました。左中土橋の防衛時。取り付き失敗した徒党は援軍の伊賀忍徒党。逃し屋を警戒していた時、ソロの侍に叩かれました。ここで開幕に不和失敗後、神の加護を張ったのが間違いでした。反射結界を恐れ、相手は手裏剣で結界を割ってきます。装備が捨て装備なのか、はたまた薬飲んでないのか分かりませんが、食らうダメージが手裏剣で100前後、直接攻撃でも200前後となかなか死ねないうえ、一刀流で気合を削られるので逃亡入れても避けなければ止められます。長々足止めを食らう訳には行かないので降参してマラソンしましたが、即逃亡するか、もう少し早い段階で降参・マラソンしても良かったなと思います。
22時過ぎというのに、急速に眠くなってしまったのでログアウト。頑張ってた皆さん、ゴメンナサイゴメンナサイ・・・・m(_ _)m

【画像紹介】
あけて10日午前。右と左の後だけ残っていた第7陣の終盤、中後の津田跡地に沸いている上野(薬師)攻略部隊出発前のヒトコマ。武将徒党の方がPC再起動してる間に囮のメンツが初期登録簡易チャットで「中華プレイ」。時間切れによる負けはほぼ決まってましたけど、最後まで諦めずに差を縮め、あわよくば引き分け・・・を目標に頑張っておりました。こんな息抜きのやり方もありですよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
久し振りに援軍有りの攻めですよー! たまの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる